交通事故の示談金を納得のいく額にする方法

写真

交通事故の示談金を納得のいく額にする方法

交通事故の被害に遭ったとき、示談金の交渉を保険会社任せにはしない方が賢明です。
保険会社に交渉を任せていますと、納得のいく金額の慰謝料が得られないことが時々あるからです。
慰謝料の金額算定の基準には自賠責、任意、裁判の三つがあり、それぞれで支払われる金額にかなりの開きが出てきます。
自賠責はもっとも低い基準のもので、この保険に加入していれば最低限の慰謝料はもらうことができます。
任意は自動車保険の会社がそれぞれ独自に定めているもので公開されてはいないのですが、この基準では自賠責と裁判の中間程度の慰謝料がもらえます。
そして、裁判は弁護士が示談金の交渉をした場合に適用される基準で、これに基づけばもっとも高い慰謝料を請求することが可能です。
自賠責基準と裁判基準ではかなり大きな開きがあり、けがで1か月入院した場合の慰謝料の金額を例にあげますと、前者は約13万円に対して、後者は53万円になっており、40万円もの差が生じてしまいます。
裁判基準は基本的に裁判に持ち込まれるか、弁護士に交通事故の示談金の交渉を依頼したときのみに適用されるものとなっていますので、被った事故の被害に見合わない低い慰謝料しかもらえない、と納得がいかないときは積極的に弁護士に相談し、より高い基準で算定をしてもらいましょう。

→関連ウェブサイト←