交通事故の被害者になってしまったら後遺障害の慰謝料も請求できる

写真

交通事故の被害者になってしまったら後遺障害の慰謝料も請求できる

交通事故の被害者になってしまうと、けがの治療のために入院や通院をしなくてはなりませんし、不幸にして後遺障害が残ってしまうこともあります。
こうした人身傷害では、精神的に被った苦痛の分も含めて加害者に損害賠償請求をすることができます。
日本の法律では交通事故の損害は金銭によるとされているため、損害を金額に代えて相手方に請求するものです。
後遺障害が残ってしまったケースの損害賠償の種類は、大別すると3つあります。
積極損害と消極損害そして慰謝料です。
積極損害は、病院や医療に関連する機器を購入するために支払った直接の出費です。
また消極損害は、事故による障害がなければ未来においてもらえたはずの給料など逸失した利益を指します。
そして慰謝料は、事故で受けた精神面の苦痛を賠償するお金です。
精神面の苦痛をひとりひとり正確に算出するのは難しいので、ガイドラインが設けられています。
このガイドラインは3種類あります。
自賠責によるもの・任意保険によるもの・そして弁護士会の公表する基準です。
後遺障害は医師によってその等級が認定されますから、等級の重度軽度は基本的な慰謝料算出の目安になります。
しかし、同じ等級の障害が残った人でも弁護士会の基準で計算をすると裁判の判例に基づいて算出されるため、自賠責基準よりもかなり金額が高くなることもあるので覚えておくといざという時に安心です。