起業する時の資金調達術について

写真

起業する時の資金調達術について

サラリーマンの生活ではお金が足りない、それで独立して起業しようとするときに最初に考えなければいけないのは、資金調達術となります。
資金調達をするには親から借りる事だけではなく、起業する人をサポートしてくれる資金の調達法があります。
創業融資や創業補助金等の資金調達術があります。
政府が運営している日本政策金融公庫などの金融機関があり、事業計画などをしっかりとしていれば、起業時に必要となるお金を低金利で貸してもらえます。
金利も事業計画や売り上げ予想などにより変わってきますが、年1~3%の低金利で要求する金額を借り入れることができます。
ただ、銀行から起業時にお金を借り入れることはなかなか難しいものがあります。
今までサラリーマンをしていて、今から起業をするような場合は、はっきりいって信用がありませんので、何も無しで銀行から借り入れることはできません。
その場合は、保証人を立てることで借入をすることも可能ですが、借入をしたい銀行の信頼のある保証人であれば、ある程度の金額は貸出してくれますが、あくまでも事業計画がしっかりとしていないと借入は難しいと思います。
友人や親などに頼るよりは、迷惑をかけずに済みますので、こちらの資金調達を考えたほうがいいと思います。
ビジネスローン・ファクタリングで資金繰り改善というサイトでも、いろいろと書かれていますので見てみてください。http://factoring-guide.com/