入居者の自立を支援するおたけの郷

写真

入居者の自立を支援するおたけの郷

人は誰でも歳を重ねると体力が衰えていくものです。
それまで当たり前にこなしていた生活が、だんだん負担に感じるようになるのもまた必然と云えるでしょう。
でも、たとえ身体の一部に不自由を感じたとしても、自分の生活は自分のペースで行っていきたいと考えるのではないでしょうか。
そこに、もし一方的な介護の手が差し伸べられても、かえって本人の気力をそぐことになりかねません。
現状の特別養護老人ホームでは、残念ながらこのような構図ができてしまっているようです。
本来の姿である、入居者の能力に応じた自立した生活よりも、介護に重点が置かれている施設が多勢を占めています。
そんな中で、おたけの郷は入居者の自立心を尊重して、それをスタッフが支えるという理想的な老人ホームの運営が行われています。
たとえば、食事の配膳は入居者とスタッフが共同で行い、入浴の時間も柔軟性を持たせ、コミュニケーションも活発です。
今後の高齢化社会を見据えて、おたけの郷のような施設がもっと増えてほしいものですね。