空いている土地でコインパーキング経営

写真

空いている土地でコインパーキング経営

遺産相続などで相続した都心部の小さな土地ですと、家を建てるにはやや環境がうるさいし、アパートなどの賃貸物件を作るには家賃回収ができるか心配、ということで遊休地にされたままの土地を多々見受けます。
小さな土地でも税金は発生しますし、放置したままでは治安的にもよくありません。
また町の活性化の見地からすると、空き地にしたままというのは感心できません。
そこで、土地の持ち主さんにもメリットがあって、街が活性化して人々から喜ばれる土地活用の方法は、と考えると、コインパーキングがお勧めです。
どんな小さな土地でも5坪ほどの大きさがあり、車が1-2台置く事ができるスペースがあればOKです。
コインパーキングを運営する流れは至って簡単です。
何故ならば全て人任せでよいからなのです。
例え駐車場に1台も駐車する車がなくても、オーナーさんには月ぎめでキチンと駐車代が支払われます。
これならご自分で駐車場を経営されるよりも遥かに楽です。
勿論日常の駐車場内の清掃や利用代の回収なども行っていますし、お借りした土地には万が一の車上泥棒などに備えて遠隔監視モニターの取り付けもあるのです。
もし排気ガスなどが気になる、という場合ならば自転車のコインパーキングを運営されるのも一考の価値があります。
土地活用のアドバイザーNTTル・パルク/コインパーキング駐車場経営